HOME > ミューズ日記

木目の軒天

2018/2/27

 

 

軒裏には、木目シートを貼ったダイライトの軒天材を使用。自然木を張ることもありますが、メンテナンスフリーをご希望であれば、こちらもお薦めです。
火山性のガラス質と鉱物繊維で作られており、軽量ですが耐震、耐火性に優れた人にも家にも優しい建材です。

oono

 

厳選したタイル

2018/2/19

 

 

キッチンのタイルはセメント調。
奥様が、どうしてもと惚れ込んだひと品です。
希少在庫の商品で、着工前から確保していました。
淡い色合いと、少し使い込まれたような独特の質感が、優しいナチュラルな空間に仕上がりました。

 

 

chee

 

天然石の壁

2018/2/12

 

 

クォーツストーンのボーダータイルでアクセント。
玄関ドアの正面にあたるこの壁は、家人やお客様が一番に目に入る場所です。
細いボーダーなのでシャープな印象に仕上がるかと思っていましたが、石の風合いや、淡い色合いで優しい表情に。
お住まいの雰囲気にもピッタリでした♪

chee

 

杉の木

2018/2/5

 

 

外壁に、杉の羽目板を張っていきます。
化粧材には等級があり、表に見える節の多さが変わってきます。この材はちょうど中間のランク。
また、杉の木は赤みがかった芯材と、白っぽい辺材、2色が混在した源平があります。この『源平』は、源氏と平家の旗色に由来しているのだとか。
今回は源平を使っているので、木目や色合いなど、全体のバランスをみながらの施工も腕の見せ所です。

fuji

 

アカシアの木

2018/1/29

 

 

リビングの床暖房パネルの上に、床材を施工中です。
こちらでは、アカシアの木を採用しました。
ウォールナットと同じマメ科の木で、ハチミツでよく耳にするアカシアとは別の木なんですよ。
色合いはウォールナットに似ていますが、よりあらあらしく絡み合う木目が空間を楽しませてくれそうです。
肌触りもしっとりしていて、素足で触れると気持ちよさそう…

fuji

 

薄明光線

2018/1/25

 

 

 

現場での打合せ終わりに、

きれいな天使のはしごが撮れました♪

 

chee

 

屋根断熱と通気層

2018/1/22

 

 

屋根断熱では、断熱材の外側に通気層をつくるのが効果的です。
夏の熱せられた空気を通気層で外へ排出し、冬の屋根面の結露を防ぐ。室内環境にも、建物にも優しい工法です。
覗き込むと、10m先の向こう側も見えますよ。

oono

 

南向きのリビング

2018/1/16

 

 

敷地の南側に立つ高い塀で、建て替え前は薄暗くなってしまっていた1階。建物の配置を工夫することで、陽当たり抜群のリビングとなりました。

真冬のこの時期でも、窓辺はぽかぽかしていて、日向ぼっこができました♪

chee

 

2018年

2018/1/9

 

 


本年も、なにとぞ変わらぬご愛顧のほど
よろしくお願い申し上げます。



ミューズの家 スタッフ一同

Page Top